>
発展・沿革

携帯電話公式サイト

著作権 ©烟台首钢磁性材料股份有限公司    鲁ICP备 05020123号  ウェブサイト構築:www.300.cn

a

煙台首鋼磁性材料株式会社

発展・沿革

ページビュー数:

2014年、重希土類金属粒界拡散技術の特許は日本で登録。

2012年、国家に認定された新エネルギー自動車用磁石生産ラインを作成。
 
2011年、OHSAS18001OHSAS18001の認証を取得。
 
2009年10月28日、「山東省ハイテク企業」という称号を受賞。
 
2009年10月、「YSM」商標は山東省工商行政管理局によって「山東省著名商標」と評価される
 
2009年7月、「省エネエレベーター電機用N42SH、N36UH高性能ネオジム永久磁性材質」は煙台市省エネ賞を受賞。10月、煙台科学技術進歩三等賞を受賞。
 
2009年6月、磁石年間生産量は2160トンに達成は2160吨に達成。
 
2008年5月、安川電機と合弁し、日中合弁会社になる。
 
2008年2月8日、NQA会社のTS16949認証を取得。YSMは管理レベルが新たな段階に上ったと意味するだけでなく、自動車業界のユーザーに高品質製品を提供できるとも意味する。
 
2007年12月22日、高性能の製品は山東省科学技術庁によって開催された「省エネエレベーター電機用N42SH、N36UH高性能ネオジム永久磁石」の製品鑑定会に合格。2003年以来、YSMはN42SHとN36UH製品が世界知名なエレベーターに広く使われています。省エネ、環境保全に積極的に取り組んでいます。
 
2007年10月17日、Intertechによって主催された国際会議(Intertech Pira China Magnetics 2007)で、丁開鴻技師長はYSMの低ウェートロス、優れた鍍金性能、高保磁力及び大サイズブロック等の最新成果を発表する。
 
2006年11月3日、ISO14001認証を取得;
 
2004年2月、モーター製品専用の全自動ラック鍍金生産ラインをデバッグ。
 
2003年12月、生産ライン(一期工事)を完成。年間生産量360トンに達成。
 
2003年11月20日、ISO9001(2000版)認証を取得。
 
2003年6月、N45、N48、46M、48M、36UHなどの製品が量産できる。
 
2002年8月、磁石生産ラインが正式稼働。
 
2000年10月、創業。